黒島を忘れない【愛蔵限定版】

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 0円

    全国一律 0円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

送料は無料です。

著者のサインをご希望の方は、ご購入申し込み時の「備考欄」に「サイン希望」とお書きください。

今甦る、戦争と愛情と、思いやりの記録
2008年11月、ひとりの映画監督が亡くなりました。
小林広司、享年51。彼が晩年取り組んでいたテーマがあります。
それは鹿児島沖に浮かぶ小さな島「黒島」と、不時着した若き「特攻隊員」たちの物語でした。
私達は彼の残した原稿と、その「思い」を本にしました。
それは「愛する人のために命をかけた」若者と、「無心で助けた」島の人々との物語。
黒島は鹿児島沖に浮かぶ、人口200人にも満たない小さな島です。
太平洋戦争末期、そこに墜落、もしくは不時着した若き特攻隊員たちと、島の人々との「命を賭けた」交流が始まります。
あの時代の喜びも悲しみも切なさも辛さも、黒島だけが全て憶えてくれていた。
だから私たちも、黒島を忘れない。